「今」から始めればいいじゃない

趣味物書きによる「表現」に関するあれこれ

「小春日和」移ろう意味とゆらぎ

今日は穏やかな初冬の1日でした。

風もなく、穏やかな日光がぽかぽかと部屋を温めて、夏の間はあれほど憎らしく思った日の温度が心地よくて、幸せ。

 

そんな今日のキーワードは

 

 

f:id:sakuraco11:20171203234747j:plain

 

 

小春日和

 

 

果たして「小春日和」が名詞なのかと若干悩んだのは内緒ですw

 

 

小春日和とは晩秋から初冬にかけての穏やかで暖かな晴天のこと。

小春とは旧暦10月、現在の11月から12月のことを指すそうです。

まさに今日のような日のことを表す言葉ですね。

海外では「老婦人の夏」ともいうようですが、これもまたなんとも優雅でゆったりとした気持ちにさせられる言葉です。

 

さて、「小春」についての定義は上記の通りなのですが、あなたは「小春」っていつのことかご存知でしたか?

 

かくいう私はきちんと定義を知るまで「小春」とは冬の終わり、春先の、春めいた時期のことだと思っていました。

実際同じように思っていらっしゃる方は多いようで…

 

文化庁が発表した平成26年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「初冬の頃の、穏やかで暖かな天気」で使う人が51.7パーセント、本来の意味ではない「春先の頃の、穏やかで暖かな天気」で使う人が41.7パーセントという結果が出ている。

(引用 デジタル大辞泉

 

4割の方が本来とは違う意味で認識しているそうです。

言葉というのは揺らぐもので、時代の変遷によって本来から意味が変わっていくものがたくさんあります。

「小春」も、ひょっとしたらそのうち「晩秋から初冬の」ではなく「春先の頃の」穏やかな天気…という意味を持つようになるかもしれませんね。

 

風のない穏やかな、ともすれば何事もなさそうな日差しに、不変な、移ろわないものはないのだということに思いを馳せた1日でした。