「今」から始めればいいじゃない

趣味物書きによる「表現」に関するあれこれ

「それをしないこと」は言い訳を用意してまで後生大事にとっときたいほどのものなのだろうかという問い

先日私が読んだ本に、嶋田将也さんの『世界一受けたい「心理学×哲学」の授業』という本の中に、こういうこういうことが書かれていました。

 

言い訳がやめられない理由は、「言い訳してしまう」抗いようのない仕組みがあるから 

 

どういうことかというと、

 

心は
  1. 環境(天気など)
  2. 経験・出来事
  3. 他人(人間関係) 
に影響される(=感情が変わる)

 

つまり、自分の外の出来事によって気持ちや感情が変わるということです。

その上で、あなたも私も何かがあった時、自分の外の出来事を理由に言い訳をする。

なぜ言い訳をするのか。

それが次の『「言い訳してしまう」抗いようのない仕組み』です。

 

言い訳がやめられない理由は三つある。

  1. 先に出した「環境・経験・他人」という事実は、他者を納得させる弁解材料になりやすい
  2. 言い訳する方が楽
    (「人の脳は楽な方に進むようプログラムされている」という脳科学茂木健一郎氏の引用)
  3. 言い訳する方が自分を守れる

 

これを読んで私は深い納得をして思わずうなりました。

これが「言い訳をしてしまう」という人のしくみか、と。

身に覚えがありすぎて、そしてこんなことまで論理的に分析されているものなんだといううことに敬意を感じずにはいられません。

 

さて。

なんでこんなお話から始めたのかと言いますと、私も私の「外のものごと」を理由にこれまで随分言い訳してきたし、今尚言い訳して逃げていることはないかなと思ったからです。

 

例えば、時間がないから。

例えば、雨のせい。

例えば、頭がいたい、生理痛といった体調不良。

例えば、それをする前に資料を集めなきゃ。

例えば、それをする前にやり方がわからないから調べないと。

例えば、材料や道具が揃ってないから次の機会に。

例えば、お金がないから無理。

例えば、クライアントが無茶振りしてきたから。

例えば、子育てでてんてこ舞い。

 

例えば…。

例えば…。

 

こんな風に。

あなたも言い訳を重ねて、何かをあとまわしに、あとまわしにし続けていませんか?

 

当然どうしても「どうしようもない」ことだってあります。

そうやって後回しにし続けているものは、脳裏にこびりつくだけこびりついて、実は大したものではない、という可能性だってなきにしもあらずなんですが、一方で「言い訳」を用意してまで後回しにするそれって、あなたにとってどういうものなのだろう。

その割にいつも「やりたい」「したい」「ほしい」と言い続ける。

そしてどうして言い訳をしてまで後回しに、後生大事にとっとくんだろう、と思わずにはいられません。

 

私自身を振り返るに、それは大まかに分けて2種類に分かれるんじゃないかしら、と思う。

 

  1. やって、できてしまったらどうしよう
  2. やって、できなかったらどうしよう

 

相反するようですが、割と矛盾なく誰の中にもある恐れだと思うんです。

そんな事態を心の片隅に想定している。

だから、後生大事に温めている。

時間がない、忙しい、タイミングが、道具が、資料が…etc etc

そんな風に、言い訳を探して、引っ張り出してくる。

人間、そして無意識って面白いもので、無意識に本当に希望する状況を、無意識に整えるんですよ。

だから、例えばあなたがずっと温めているアイディアが、ネタが、作品があったとして、それを実現するに至っていない、いつだって状況が整わないのであれば

 

言い訳してる可能性、大いにあります

 

 

嶋田将也さんはこうもおっしゃっています。

 

「言い訳」をしていると外側の存在にどんどん支配されることを先ず知ること。 

 

つまり、自分の外の出来事を引き合いに言い訳をしていると状況はどんどん悪く、不利になるよと言っています。

そしてその不利を裏付けるために、どんどん言い訳を重ねて、最後には身動きが取れなくなる…

下手すれば気づいた時には、気力体力を失って死の床についていた、なんてことだって最悪あるわけです。

 

 そのアイディアやネタも、時間がたてばたつほど脳裏に、心にこびりつくけれども、どんどん陳腐化していきます。

この間も言ったけど、腐ります。

 

 

sakuraco11.hatenablog.com

 

だから、私は思うんです。

 

そのアイディアやネタ、やりたいことって、言い訳を用意してまで後生大事に頭の中に抱えて腐らせておくほどの価値があること?

 

と。

そして

 

その理由(言い訳)、本当?

 

って。

 

例えば、どうしても時間がたった5分しかないならば、その5分でアイディアを、ネタを、台詞の一部をメモることくらいならできる。

5分でできるデッサンをする。

30分時間ができた時の段取りを考える。

これくらいはできるわけです。

意外とね。

 

だから、したいやりたい、かきたい、「けど…」って理由が出てきたら、確認してみてください。

 

その理由(言い訳)、本当?

 

って。

多分、後から後から出てくる言い訳にびっくりしますから(笑)