「今」から始めればいいじゃない

趣味物書きによる「表現」に関するあれこれ

リセット

こんにちは、お久しぶりです。

自分自身で書きながら方向性迷子になって放置しておりました。

ご覧いただいていたユーザー・フォロワーの皆様申し訳ありませんでした。

 

目的と方向性を改めて見直そうと思い、これまでの記事のほとんどをひとまず非公開に下げました。

タイトルも変えます。

 

ずっと気力が湧かないまま今年も終わりに差し迫り、ようやく動き出そうという上向きな気持ちになりました。

この辺りもまとまったら文章にできたらいいなと思っております。

 

これからもよろしくお願いします。

 

ひとまずご挨拶まで。

 

sakuraco

「今」さらはじめてなんになる?

「今」から始めればいい

 

というのは、数日前に私の脳裏にポンとおりてきた言葉でもあり、戒めでもある。

 

私は結構腰が重い。

思いつきはするのだけれども、その思いつきを実行するまでにあーだこーだと悩む。

と言うよりも、悩んでいるのはポーズであって、ただ先送りしているに過ぎない。

そうして一週間経ち、一ヶ月経ち、そうこうしているうちに秋を迎えてハッとする。

「あ、もう月末(あるいは年末)になってしまった」と言うことに気付いた時に、いつも「あの時からやっていればなんらか積み上がって形になっただろうに」と言う後悔と落胆。

その間、何かをして残した記憶も記録もなく、ただただ時間を浪費してしまったことと、そんな怠惰な自分に対する感情は、渋くて苦くて、なんとも直視し難いものがある。

 

そして過去、何かを始めて続かなかった記憶が頭を過ぎる。

現状に息苦しさを感じて変わりたいと思いながら、何もせずに手を拱いて、怠惰に昨日と同じ日を重ねようとする。

 

それがしんどい、と心底思う。

 

振り返って過去を見て、「何もしなかった」と言うえも言えぬ後悔と落胆は、警告でもあると思う。

一週間後、一ヶ月後、半年後、一年後の自分が振り返った時にも同じことを思うのではないだろうか。

今始めれば、その時の自分は同じことを思わなくて済むと言う警告。

 

だから「今」から始めればいい、と私は思う。

気付いた時、我慢できなくなったその時から始めればいい。

その選択が、未来を変え、そのうち自分の中の過去の意味付けさえ変える。

いつだって、私は変わっていいのだ。

「今」からはてなブログ始めました

初めまして、趣味物書きのsakuracoです。

ご覧いただきましてありがとうございます。

 

昔二次オタ、ここ十年ほどは読み専に移行していたライトオタク。

が、うっかり創作の世界に舞い戻ってしまった趣味物書きです。

 

趣味物書きではありますが、同時にカウンセラー・コーチング業を行なっており、「もの・ことを表現すること」と「夢を達成すること」の共通点がかなり見つけられたこと。

SNSでの交流で見聞きした情報や問いに関して、個人的意見がふつふつと沸く中で、SNSでは表現しにくいなと思ったことが溜まってきたため、はてなブログでブログを開設するに至りました。

 

「「今」から始めればいいじゃない」をテーマに、割と好き勝手に、私が思う「表現すること」についてや、細々とした雑感、個人的試みなどを書いていく予定でいます。

 

かくいうこのはてなブログ自体もかなり試験的ではあります。

昨日やらデザインやら、どういじっていいものかこれから試行錯誤していきます(笑)

何かいいアドバイスやご意見があれば是非ご教授ください。

 

よろしくお願いします。